このページの先頭へ

テサラン 効かない

テサランが効かないのは当たり前?知っておくべきデメリットはこれ

 

テサランの口コミやレビューを見ると手汗が抑えられて、

 

  • 「一日中手がサラサラ」
  • 「仕事上での握手も安心してできる」
  • 「彼氏と手をつないで歩ける」

 

このような素敵な意見が多くみられます。

 

 

テサランは効かない?買う前に知っておきたい2つのデメリット

 

 

テサランはとても売れている制汗クリームですから評価の高い口コミが多いのは当然なのかもしれません。でも、わたしは逆にメリットばかり言われると「ちょっと怪しい・・・」なんて思っちゃいます。

 

 

万人に効果があるものなんてなかなかありませんよね?
それはテサランも例外じゃないと思うんです。

 

 

人にとっては効かない場合や効果が実感できるまでに時間がかかってしまうとか。

 

 

なので、テサラン購入を検討するうえで

 

 

「知っておいたほうがいいデメリットはあるのか?」
「あるなら、それは何なのか?」
 

 

これをじっくり調べてみることにしました。

 

 

ぜひ最後まで読んであなたが購入する際の参考にしてみてくださいね。

テサランが効かないって何がどう効かないの?

 

 

テサラン=即効性がない

 

調べた結果、テサランが効かないとされるデメリットは大きく2つありました。

 

 

一つ目は

「テサラン=即効性がない」→「即効性がない=効かない」

 

なるほど、確かにそうですよね。急に手汗をかいた時ほど即効性を求めちゃいますもんね。

 

 

それが「塗ったのに止まらない」となると不満がつのるのは当然です。

 

 

ましてや人気商品である分、余計に期待しちゃいますしね。

 

 

 

   

 

 

でも、想像するとわかると思いますが、手汗をかいてしまうような場面というのは緊張・緊迫した状況が多いはず。そもそもこういう時には制汗剤を使うこと自体難しくありませんか?

 

 

メーカーは「手汗が出ていない状態」での使用を推奨しています。

 

 

なのでこの即効性がないというデメリットは手汗が出る前(たとえば家を出る前に塗るとか)にケアしておくことで対処できるのではないでしょうか。

 

 

これを習慣づけておけば、汗が出にくい状態を保て肌質自体を整えていけますし、そうすることで心にゆとりもでき気分的に楽になり、ますます汗をかきにすることができます。

 

 

 

テサラン=持続性がない

 

もう一つは

「テサラン=持続性がない」→「持続性がない=効かない」

 

これは人によって効果が継続する時間というのは変わりますし、生活環境によっても随分と違ってきます。

 

 

たとえば水仕事が多い人はほかの人よりテサランが水に流されてしまう割合も高くなりますし、職場の温度設定などでも発汗量も違いますよね?

 

 

自分の裁量でいろいろ環境を調整できたらいいのでしょうが、世の中そうもいかないですから。。。

 

 

なので、やはり実際に使ってみて「合う合わない」を判断するのが一番の近道なんだと感じました。

 

 

 

 

テサランのデメリットを調べた感想とまとめ

 

テサランも万人に効果が現れるわけではなかったので逆に安心しました(笑)

 

 

人それぞれ顔や性格が違うように効果の感じ方や満足感なども一緒じゃないですもんね。

 

 

この結果を踏まえたうえでのわたしの感想は、
「でも、そもそも満足度がとても高い商品なのでそんなに心配することないか。」でした。

 

 

仮にもし合わなかったとしても、テサランの公式ホームページから購入すれば1年間の全額返金保証がありますからね。効果が実感できなければ返金してもらえばいいだけ。(これ、すごい安心材料)

 

 

あなたも悩んでいるよりとりあえず試してみてはいかがでしょうか?